本文へ移動

農水産業研究会

主な活動目的・活動内容

■目的
➀農水業を体験し理解する。
②6次産業化プランナーの育成
 体験などを多く持ちながら、実際に農家、水産業者さんと直に会話をしながら農水業の理解を深めます。具体的には「種まき、収穫体験」、「6次化の取り組み視察・体験」、「総合化事業認定の申請手続き体験」などを行い、将来的には、6次産業化プランナーの育成を目指していきます。

活動メンバー

リーダー: 西里 喜明
サブリーダー: 関山 潤一
当サイトでは利便性や品質向上のため、Cookieを使用することを推奨しています。
利用する場合は同意するを選択してください。同意をしない場合は、一部機能がご利用できません。 詳細はこちら

同意する

拒否する

TOPへ戻る