本文へ移動

従来型産業研究会

主な活動目的・活動内容

■目的
・今後、中小企業支援の現場で目にすることが多くなると思われる「生産性向上」について研究します。
➀「生産性」の言葉の意味や定義を改めて学び「生産性」への理解を深めます。
②製造業の改善手法等を中心に、生産性の診断やコンサルティングの方法を学びます。
③小売業やサービス業での生産性向上支援の展開方法を学びます。

活動のメンバー

リーダー:竹内 成人
サブリーダー: 銘苅 幸多
当サイトでは利便性や品質向上のため、Cookieを使用することを推奨しています。
利用する場合は同意するを選択してください。同意をしない場合は、一部機能がご利用できません。 詳細はこちら

同意する

拒否する

TOPへ戻る