会計・税務の詳細

   
■分野・タイトル
会計・税務 -- 会計を活かして企業体力の強化を図るには

■相談内容
今後、積極的に営業拡大を図りたいが、財務面からのアドバイスをお願いしたい。(建設業)

■回答
財務面からみた貴社の問題点を挙げてみます。

1 .流動比率について

流動比率は流動資産を流動負債で割った割合のことで、数値が高いほど短期的な支払力があることを示します。貴社の場合、現在の流動比率が124%でありますが、営業拡大時には手元資金が減少することが多く、現在の流動比率を少なくとも150%以上とすることが大切です。

また、仕入れの支払条件と売上の回収条件は、うまくバランスが取れるようにして下さい。特に新規の取引先の回収サイトが長いと資金繰りへの影響の他、貸倒れのリスクがあることも十分勘案してください

2.原価計算の適正化について

貴社の完成工事原価率が36%となっていますが、これは極めて低い値です。一方,販管費比率が57%と異常に高くなっており、原価計算が適切に行われていないものと思われます。すなわち、本来原価に含めなければならないものを販管費としている勘定処理が多いのです。

建築業者にとって工事毎の原価管理がしっかりしないと、儲かっているのかいないのか、赤字工事の要因は何なのか、何を工夫すればもっと儲かるのか、がわかりません。このままだと売上が増えても結局忙しくなるだけで、結局利益が残らないという結果になる可能性が高いと思います。

経理とか会計をいい加減してはいけません。経理や会計を活かしてこそ企業の問題点が見えてくるのです。億劫がらずに企業にあった会計処理を考えてください。そしてそれをご自分の経営判断に利用できるように工夫してみてください。

■回答者
伊志嶺
一般社団法人
沖縄県中小企業診断士協会
〒903-0801
沖縄県那覇市首里末吉町4-2-19
TEL:098-917-0011
FAX:098-917-0022
qrcode.png
http://www.oki-shindan.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
013768
<<一般社団法人沖縄県中小企業診断士協会>> 〒903-0801 沖縄県那覇市首里末吉町4-2-19 TEL:098-917-0011 FAX:098-917-0022